アトピー治療のすべて~原因・対策・治療~

アトピー治療

アトピーは正式名称を「アトピー性皮膚炎」といい、皮膚が赤くただれ、痒みを帯びる皮膚の炎症です。
一般的には小さなお子様に発症しやすいというイメージがありますが、実は成人してから発症する方も一定数いらっしゃいます。特に、女性の場合はアトピーによってメイクやファッションが制限されたり、対人関係に影響が出たりと大きな精神的ストレスになります。

当ページでは、アトピーの治療法はもちろん、原因や痒み対策、予防方法などアトピーにお悩みの方に役立つ内容をたくさんご紹介致します。
アトピーにお悩みの方はぜひご覧ください。

アトピーの原因

アトピーの原因

アトピーは皮膚の炎症ですので、外的な刺激を受けることで発症します。「刺激」とはいえ、ダニやカビなどのハウスダスト、卵や麦などの食品、化学成分や添加物など日常的に触れるものが症状を引き起こす要因ですが、これら刺激に対する免疫機能が弱い状態ではアトピーの症状を引き起こし、悪化させる原因となります。
まだ免疫力のない子どもや乳幼児のときにアトピーが発症しやすいのはそのためです。

大人になってから発症するアトピーの場合、上記に加えて肌の乾燥や生活の乱れなど様々な要素が複合しているといわれています。
特に、アルコールや喫煙、ストレスといった成人ならではの生活習慣によって繰り返し発症するとされていますので、アトピー治療には生活習慣の改善が大きなカギになることは間違いありません。

日常でできるアトピー対策

日常でできるアトピー対策

アトピーが発症した場合、まずは早期に炎症を抑えることが重要です。
炎症が長引くと、かゆみに耐えられず無意識に皮膚をかきむしってしまうケースが多くありますが、皮膚をひっかくと余計に症状が悪化してしまいますので、初期段階で炎症を抑える必要があります。

炎症を抑える方法としては外用薬を使う方法が主になりますが、急な発症で薬をお持ちでない場合、患部の冷却と保湿を行うことで炎症を緩和することができます。
保湿は多くの美容液を使うと、美容液に含まれる何らかの成分でアトピーが悪化する可能性がありますので、化粧水とクリームのみなどできるだけシンプルなケアを行ってください。

また、徐々にアトピーを改善する対策としては、「乳酸菌」の多い食品を摂取することも有効です。乳酸菌には免疫機能を向上させる効果がありますので、カビやダニといった外的刺激に対する効果はもちろん、大人アトピーの大きな原因である肌の乾燥も防ぐことができます。

アトピー治療

アトピー治療

アトピーは原因が一つではなく、様々な要因が複合しているため、一つ一つの要因に対しての治療である「対症療法」が基本となります。
東銀座ウェルズクリニックでは基本的に患者様にご負担の少ない保険診療の中から、薬剤の効能や作用、患者様の肌質・体質等を考慮し、以下の治療方法をご提案致します。

【保険適用】ステロイド外用薬

アトピーの炎症を抑えるために最も有効とされるステロイド剤による治療です。
ステロイドは「副作用が強い」「逆に炎症が悪化する」などと言われることがありますが、複数種類あるステロイドの中で適正な種類、作用強度の薬剤をお使い頂ければそのような事態を防ぐことができます。
アトピー治療に使用するステロイドは、具体的には「糖質コルチコイド」と呼ばれる物質で、複数種類あるステロイドの中でも抗炎症作用に特化した薬剤です。この糖質コルチコイドは作用の強度が5段階あり、重症度に合わせて適切に処方する必要がありますので、信頼できるクリニック・医師にかかることが重要になります。
使い方は、基本的に1日2回、アトピーの炎症が出ている部位を清潔にしてから、手のひらを使ってまんべんなく塗布してください。赤みや痒みが完全に引くまで約1、2か月程度、継続してご使用ください。

【保険適用】抗アレルギー剤の内服薬

ステロイドでの治療が難しい場合や改善効果が得られない場合、かゆみを引き起こす原因である「ヒスタミン」を抑える作用のある内服薬を使い、治療を進めます。
抗アレルギー剤の代表的な副作用としては、眠気を引き起こすことが挙げられますが、眠気の出にくい抗アレルギー剤もありますので、ご希望の方はご相談ください。
また、重度のアトピー患者の方には免疫抑制剤内服薬を用いることがあります。その名の通り、免疫機能に作用して外的刺激への拒絶反応を抑制しますので、アトピー体質を改善する高い効果が得られます。ただし、作用の強い薬ですので、重度もしくは広範囲のアトピー患者様にのみ処方しております。

スキンケアアドバイス

アトピーの炎症を抑えるスキンケア方法や、当院推奨の低刺激スキンケアグッズをご紹介します。スキンケアグッズのご購入のみも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

なお、当院では美容皮膚科も対応しておりますので、アトピーの搔き傷や色素沈着の改善治療に関してもご相談下さい。肌に負担の少ないレーザー治療や、メディカルエステ等、美肌になるためのお手伝いをさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください

所在地

東京都中央区銀座3丁目13-11
銀座芦澤ビル2階

アクセス

・都営浅草線「東銀座駅」A7出口より徒歩1分
・東京メトロ日比谷線「東銀座駅」3番出口より徒歩1分
・日比谷線・丸ノ内線・銀座線「銀座駅」A8出口より徒歩5分