ボトックス注射

ボトックス注射は、ヒアルロン酸と同様にシワ治療で用いられる美容注射のひとつ。ヒアルロン酸はシワの溝を埋めたり、輪郭や顔面形成にも使われたりしますが、ボトックスにはどのような作用・効果があるのでしょうか?
こちらでは、ボトックス注射の効果と注意点を体験談とともに紹介いたします。皆様の美容注射に対する不安が少しでも解消できればと思います。

ボトックス注射とは

ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出されるタンパク質の一種で患部に注入する事で筋肉の緊張を和らげリラックスした状態にします。本来は顔面チック症のような筋肉の緊張などでおきる痙攣を抑えるために使用されていましたが、筋肉の動きによって形成されるシワを抑えることができると判明し、美容医療業界で使用されるようになりました。また、筋肉や神経の動きをブロックする働きがあるため、ワキなどの多汗症の改善などに使用できる応用性が注目され世界中で研究が行われています。

ボトックス注射の効果

ボトックス注射は筋肉を緩める働きがあるため、表情ジワの改善に効果があります。 例えば、目尻にできる大きなシワは眼輪筋という表情が動くことで出来てしまいますが、ボトックスによって眼輪筋の動きを弱めることでこのようなシワを改善します。ただし、目尻に細かくたくさんできる小じわはコラーゲンの減少が原因ですので、ボトックス注射よりもヒアルロン酸のほうが適しています。

当院では、ヒアルロン酸とボトックスを合わせた「ビスタシェイプ」という薬剤を使用し、複合的なシワ・たるみのお悩み解消のお手伝いをさせていただきます。

気になるシワをボトックスで改善すべきかヒアルロン酸で改善すべきかわからないといった方も、お気軽にご相談下さい。

ボトックス注射の副作用

ボトックスの副作用は、注入量が多くなる施術において生じる可能性があります。例えば、目の周りに注入した後、笑顔が固まってしまったり目尻が上がったように感じてしまったりする可能性があります。また、ごくわずかな可能性ですが、筋肉の硬直によるアナフィラキシーショックを起こす場合があります。

こうした副作用の可能性を減じるためには、ボトックス注射の経験豊富な医師のもとで施術を受ける必要があります。当院ではボトックスなど美容注射の専門医師が施術を行います。副作用への対処も心得ておりますので、他のクリニックで行った施術で副作用が出たという方もどうぞご相談下さい。

当院のボトックス注射の特徴

当院で使用しているボトックスは、ボトックスの世界的権威であるアラガン社の非常に高濃度なボトックスです。少量でもしっかりと効果がありますので、施術時間が短く済み、痛みもほぼなく施術が完了します。

濃度が高いと毒性に不安を感じる方もいらっしゃるかと思いますが、当院の院長伊藤医師はアラガン社からボトックス認定資格を取得した、いわばボトックスのエキスパート。どうぞ安心して当院のボトックス注射をお選びいただければと思います。

ボトックス注射の体験談

体験談

ボトックス治療
40代 女性

ボトックス注射を受けたキッカケと当院を選んだ理由

同年代よりも目元のシワが濃いような気がしてずっと悩んでいて治療を受けるクリニックを探していたところボトックス認定医の資格を持つ女性の先生を見つけたため決めました。

カウンセリングと施術について

先生、看護師さんがとても感じが良く施術を受けたくなりました。また、小さな質問に対しても丁寧に答えてくださったのでとても安心できました。治療も特に痛みを感じる事なく、もう終わりと感じてしますほどで痛みも特に感じませんでした。

施術結果と経過

術後は特に痛みも残らずに、針のあとも化粧をしてしまえば隠せる程度なので問題なく過ごすことが出来ました。目尻にハリがでてシワが改善もされました。何よりもコンプレックスが解消されてストレスが解消されたのが嬉しかったです。

その他のボトックス注射体験談はこちら

>>眉間のシワが改善されて大満足です!

料金表

当院のボトックス治療は、安全に確実な効果を得る事を念頭において治療を行っております。アラガン社のボトックスやボトックス認定医資格はその一つです。また、ビスタシェイプと言うボトックスだけでなくヒアルロン酸を併用して行う治療は、より少量でより自然に治療を行う事が可能です。しわ、たるみ治療で不安な点がございましたら、一度当院にご相談ください。

ボトックスの部位別料金

種類 定価
ボトックス(アラガン社) 眉間※1ボトックス10単位~ ¥27,000~
目尻(両目)※1ボトックス24単位~ ¥64,800~
小顔(エラ)※1ボトックス50単位~ ¥135,000~
ボトックス1単位 ¥2,700
脇ボトックス(アラガン社) 両脇 ¥29,800

●その他メニューにない治療もございますので、医師にご相談ください

※1 個人の症状により、必要な量が決まります

お気軽にお問い合わせください