しみを理解する ~原因・治療・改善~

紫外線の気になるこの季節、「またシミが増えた…」「シミが濃くなった…」といった声が聞こえてきそうですね。見た目は同じように見えるシミですが、種類や原因、症状によって治療方法が異なることがあり、正しい対処法を行っていなければシミは改善されません。

紫外線が原因のシミはUVケアと保湿などが効果的ですが、ホルモンバランスの乱れが原因のシミはUVケアだけでの改善は望めない場合も。まずはご自身のシミがどのようなシミなのかをよく知って頂けるようシミの原因や症状をご紹介し、当院のシミ治療をご紹介いたします。

しみの原因

お肌のしみの原因は様々です。加齢に伴う肌の免疫不足、ストレスや睡眠不足、肌の炎症、紫外線、ニキビ、ホルモンバランス異常などがあります。しみができた場合、多くの方は紫外線対策を行いますが実際の原因と異なる場合もありますので、自分のしみの種類を考慮して正しい対策と治療を行いましょう。

シミができる仕組みと3つの原因

代表的なしみの種類

肝斑

肝斑は一般的にしみと呼ばれる症状で、褐色のしみが額や頬、目などに左右対称に現れます。医学的に原因は解明されていませんが、30~40代の女性に多いため女性ホルモンの減少が原因と考えられています。

肝斑について詳しくはこちら

ソバカス

そばかすは、正式名称を雀卵斑(じゃくらんはん)と呼びます。先天的な原因と後天的な原因の場合があり後天的な場合は紫外線が原因である事が多く、大人になると自然には消えない場合もあります。

そばかすについて詳しくはこちら

日光黒子

日光黒子(老人性色素斑)は、ミドルエイジに多いしみの症状で紫外線を長期的に浴び続けた事が原因で発生する症状です。一般的に30代以降に多い症状ですが、若年層でも紫外線を多く浴びる事で発生する事があります。

色素沈着

色素沈着は紫外線やニキビが原因で異常にメラニン色素が肌に残る事で発生するしみです。慢性的に色素沈着を繰り返すとターンオーバーを阻害し肌の老化を招いてしまいます。

しみ治療の種類

光によるしみ治療

光治療は、美肌治療の万能マシンと言われるほど幅広い肌悩みに対応できます。しみ治療としては、光によって真皮層のコラーゲン生成を促進することでしみの原因であるメラニン色素を排出し、しみを徐々に薄くする効果があります。

ダウンタイムがなく、施術後も普段通りの生活をして頂けますが、治療効果を得るのには1年程度の期間が必要になります。

レーザーによるしみ治療

色の濃いしみも大きなしみも治療できるのが「レーザー治療」。光治療と同じ仕組みで、光よりも改善効果が高いというメリットがありますが、作用が強いためダウンタイムがあり、術後のケアを怠るとシミが濃くなってしまう可能性があるというデメリットもございます。

治療を受ける際は、医師の説明をよく聞き、適切なアフターケアを行ってください。

ピーリングによるしみ治療

肌の表面を溶かす作用のある薬剤を塗布し、表皮部分を薄くはがすことでターンオーバーを促進し、しみを改善する治療方法です。表皮をはがすだけなので真皮層にあるしみの原因には作用しないため根本的な解決は望めませんが、アレルギー疾患等でレーザー治療を受ける事ができない人でもしみを治療できるという点がメリットになります。

ご自宅でのしみ治療

レーザー治療の後、さらにしみを取り除きたいという方に内服薬や外用薬を処方してご自宅でしみを改善して頂くこともございます。薬の主成分はトラネキサム酸やハイドロキノンなど、近年化粧水に含まれるほど身近になった安全な成分です。

しみの予防方法

お肌にできてしまったしみは、原因に合わせて適切な対策や治療を行う必要があります。一方、まだ肌に現れていないしみを表面化させないためには、オーソドックスなスキンケア・食事・施術が必要になります。こちらではしみ予防として有効な方法を詳しくご紹介しております。しみを増やしたくない、悪化させたくないといった方はぜひご覧ください。

シミの予防方法について

お気軽にお問い合わせください