炎症後色素沈着

シミの一種「炎症後色素沈着」の症状

老人性色素斑(日光黒子)とは

ニキビや湿疹、傷、火傷、虫さされなどの炎症が起きると、お肌は新しい細胞を作り、炎症によるダメージを回復しようとします。
その時、表皮にあるメラノサイトが刺激をうけて、メラニンを過剰生成させることがあります。このように過剰生成されたメラニンが肌内部に蓄積されてシミになってしまったものを「炎症後色素沈着」といいます。

※メラノサイトとは…表皮層の中に存在する、メラニンを作り出す細胞。紫外線を浴びることで、メラノサイトだけに存在する「チロシナーゼ」という酵素が働き、メラニンが生成されます。

炎症後色素沈着の原因は大きく分けて2つ!

①ニキビ、湿疹、虫さされ、傷、火傷などはっきりとした炎症によるもの
②洗顔などで肌を強くこする、刺激の強い化粧品、毛抜きの使用、ピーリングなどによる見た目にはわからない程度の炎症が長期的に続いた場合

このページでは主に①によるものに焦点を当てています。
②によってできた色素沈着も、美容皮膚科で治療することができますのでご安心ください。

炎症後色素沈着と一般的なシミの違い

見た目

炎症後色素沈着は、一般的なシミと見た目が似ているので、ぱっと見ただけでは他の種類のシミと炎症後色素沈着の区別はつけにくいかもしれません。
症状によって、茶褐色の濃い薄いはあると思いますが、医師でない限りその色の違いだけで、「これはシミではなく、炎症後色素沈着だ」と判断するのは、難しいことでしょう。

発生するメカニズム

炎症後色素沈着は炎症が起きた後、炎症による赤みが引き、その部分が茶褐色のシミのように現れます。対して一般的なシミは気づかないうちに徐々に濃くなることが多いです。

自然治癒の可能性

老人性色素斑などの一般的なシミは、紫外線等外部からの刺激によりメラノサイトが働き、メラニンが生成され、長年蓄積されてしまったことによって起きることが多いです。長年のメラニンの蓄積をターンオーバーによって自然治癒させることは、難しいと言われています。
炎症後色素沈着は、新しい細胞を生成する中で刺激を受けてしまったメラノサイトによるメラニン生成が原因です。細胞の生成スピードが正常になれば、ターンオーバーによって自然治癒する可能性があります。
ただし、炎症後色素沈着の中でも灰色や青みがかった色のシミは皮膚の深くまでメラニンが生成されてしまっている可能性が高く、自然治癒は難しいかもしれません。

シミを発見!炎症後色素沈着が出来てしまった時の対策2つ

老人性色素斑が出来てしまったら~セルフケアの効果は?~

炎症によって刺激を受けたメラノサイトの活性化は、通常はその刺激がおさまることで落ち着きます。
そのため、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が正常に働いていれば、炎症後色素沈着は数カ月程度で自然と薄くなります。しかし、何らかの原因でターンオーバーが滞っていた場合、肌内部に留まるメラニン色素が外に排出されないため、長い方では数年程、なかには何年経っても炎症後色素沈着が残ってしまう方もいらっしゃいます。
また日本人のような黄色人種は、比較的黒色メラニンが肌内部に多いため、炎症後色素沈着も目立ちやすいと言われています。

炎症後色素沈着ができてしまった時に、どのような対策をとればよいのか、いくつかご紹介します。

①炎症後色素沈着を悪化させる、シミの天敵「紫外線」に注意

炎症後色素沈着は、炎症部分が紫外線を浴びるほど、その色味が濃くなり、目立ちやすくなります。そのため、炎症後色素沈着が出来てしまったら、紫外線対策を徹底しましょう。

また、炎症中の場合にも、シミの色みが濃くなる可能性はあるため、紫外線対策は必要です。
しかしながら、炎症部分が悪化してしまっては本末転倒なので、肌への刺激が強い日焼け止めクリームの使用、洋服による摩擦も注意すべきポイントだと言えます。
炎症部分は、ガーゼなどで優しく保護し、外部の刺激が加わらないよう心がけましょう。

②炎症後色素沈着を薄くするために。ターンオーバーの正常化で、シミの元、メラニンを排出

炎症後色素沈着を薄くするためには、メラニン色素を肌の外に排出する必要があります。
そのためには、ターンオーバーが正常に働いていることが重要です。
しかしながらターンオーバーは、生活習慣の乱れや間違ったスキンケアなど、身近な問題でその働きが滞ることがあります。

【ターンオーバーが滞る主な原因】

■生活習慣の乱れ
睡眠不足、運動不足、偏った食生活、喫煙 など
■間違ったスキンケア
十分に洗顔できていない、保湿が足りない、肌にゴシゴシと摩擦を加えているなど
■ストレス
■紫外線

このように、ターンオーバーの乱れてしまう原因は様々です。
できることからひとつひとつ改善していくことで、炎症後色素沈着の自然治癒だけでなく、お肌全体を若々しく保つことにつながります。

炎症後色素沈着のシミ治療方法

  • 顔など目立つ部分にあるのですぐに治療したい
  • 対策をしてもなかなか改善されない
  • 何年も留まっている炎症後色素沈着がある

このような方には、美容医療皮膚科での適切な治療をお勧めいたします。

炎症後色素沈着の代表的な治療方法は、大きくわけて4つ。
それぞれに詳しくその特徴と効果をみていきましょう。

レーザートーニング

レーザートーニングとは、弱い出力に設定したレーザーを、シミの部分に何度も照射することで、肌内部にあるメラニンを少しずつ排出する治療方法です。
治療中の痛みはほとんどなく、治療後のダウンタイムもないため、日常生活に影響を及ぼさない継続的な治療に向いている方法として評価を得ています。

またレーザートーニングでは、シミだけではなく、くすみやシワ、毛穴の開き、肌のキワの乱れといった、総合的美容効果が期待できることが特徴的です。

レーザートーニングの料金

種類 定価
レーザートーニング 1回 ¥32,400
3回 ¥87,940
5回 ¥123,430
10回 ¥203,660
両腕レーザートーニング 1回 ¥28,080
5回 ¥112,320

レーザートーニングについて
詳しくはこちら

シミ取りレーザー(Qスイッチヤグレーザー)

炎症後色素沈着などのシミは黒色メラニンが沢山集まって作られています。
レーザーはメラニンに反応しピンポイントに照射することができるので、肌との境界のはっきりした濃いシミに効果的です。
照射範囲も広くなく、肝斑と複合していない炎症後色素沈着であれば、1、2回の照射で綺麗に治療することができます。

シミ取りレーザーの料金

種類 定価
シミ取りレーザー(Qスイッチヤグ)
5㎜×5㎜の大きさ※1 ¥6,480

※1 大きさ、個数により料金は変わりますので、お問い合わせください。

ケミカルピーリング

ニキビなどの炎症にも有効的なケミカルピーリング。
ケミカルピーリングはサリチル酸やグリコール酸など酸の作用よって肌表面に溜まった角質を溶かし、強制的にターンオーバーを促します。
広い面に対応することができるので、大きなシミや顔全体のくすみなどにも有効です。
また現在あるニキビにも効果があるので、ニキビとニキビ跡が混在しているようなときには、今あるニキビが炎症後色素沈着にならないようにという予防の意味でもケミカルピーリングをお勧めしています。

ケミカルピーリングの料金

フェイス
種類 定価 5回セット価格
ケミカルピーリング
(サリチル酸またはグリコール酸)
フルフェイス ¥8,640 ¥34,560
背中 ¥21,600 ¥86,400
胸元 ¥8,640 ¥34,560
両腕 ¥14,040 ¥56,160
おしり ¥14,040 ¥56,160
(オプション)首 ¥5,400 ¥21,600
ケミカルピーリング+VCイオン導入+海藻パック付き
フルフェイス ¥14,040 ¥56,160

●顔の一部、顔以外の部分の価格はスタッフにお尋ね下さい。

内服薬・塗り薬

炎症後色素沈着は、炎症によりメラノサイトが活性化することで発生するシミ症状です。
そのため、メラノサイトの働きを抑制する効果を持つ内服薬による治療が行われることがあります。

主に処方される塗り薬(有効成分)

■トラネキサム酸
トラネキサム酸は、炎症を落ち着かせる抗炎症作用と、メラノサイトの働きを抑制する効果があるため、シミが出来にくい肌へと整える効果が期待出来ます。

主に処方される塗り薬(有効成分)

■ハイドロキノン
ハイドロキノンは、メラニン色素の合成を抑える効果のある成分で、「肌の漂白剤」と言われるほど、高い美白効果が期待出来ます。アメリカでは、美白治療に使われる塗り薬として、最も一般的だとされています。
また、コーヒーや紅茶、麦芽など食材にも含まれる成分なので、安全性も高いと言えるでしょう。

■トレチノイン
トレチノインは、皮脂の分泌を抑制する作用、肌の角質除去する作用、肌内部のコラーゲン生成を促進する作用と、3つの効果が期待出来ます。
これらの効果により、シミはもちろん、シワやニキビの治療にも効果的です。

シミ治療が原因で炎症後色素沈着が起きる!?

炎症後色素沈着は、シミ治療としてレーザー照射やケミカルピーリングなどの施術後にも発生することが稀にあります。これはレーザー照射後の敏感な肌に、紫外線や外部の刺激が加わることで起こる可能性が考えられます。

ただし、これも通常の炎症後色素沈着と同じく、ターンオーバーが正常に働いていれば、自然と薄くなり目立たなくなる症状です。
そのため、万が一、レーザー治療により炎症後色素沈着が出来てしまった場合には、内服薬や塗り薬の処方などで改善を目指しますので、ご安心ください。

炎症後色素沈着・シミ治療なら東銀座ウェルズクリニックへ

東銀座ウェルズクリニックの老人性色素斑治療へのこだわり

東銀座ウェルズクリニックでは、医師の診断でお一人おひとりに合った治療方法を見極めて、治療はもちろん、アフターケアまでしっかりと患者様をサポートいたします。

Qスイッチヤグレーザーの最新鋭機種「メドライトC6」を使ったレーザー治療の他にも、ケミカルピーリング、フォトフェイシャル(フォトRF、ポラリスなど)、美容液導入など充実な治療方法をご用意することで、あらゆる症状、肌質に対応できます。

炎症後色素沈着をはじめ、シミやくすみなど、気になる症状にお悩みになりましたら、ぜひお気軽に東銀座ウェルズクリニックまでご相談ください。

シミ治療の関連記事

お気軽にお問い合わせください

所在地

東京都中央区銀座3丁目13-11
銀座芦澤ビル2階

アクセス

・都営浅草線「東銀座駅」A7出口より徒歩1分
・東京メトロ日比谷線「東銀座駅」3番出口より徒歩1分
・日比谷線・丸ノ内線・銀座線「銀座駅」A8出口より徒歩5分