老人性色素斑の特徴や治し方

老人性色素斑(日光黒子)とは

老人性色素斑(日光黒子)とは

シミには、様々な種類があります。
なかでも「老人性色素斑」は、シミの代表格とも言えるほど発症ケースの多いシミです。
また老人性色素斑の別名「日光黒子」の名の通り、主な原因は日光、すなわち紫外線の影響によるものです。ただし、紫外線を浴びてすぐにその症状が現れる、というものではありません。老人性色素斑は、紫外線を浴びた後、時間の経過と共に現れる症状です。
その理由には、紫外線を浴びることで生成されるメラニンの仕組みや、加齢が大きく関係しています。

老人性色素斑ができる仕組み

紫外線のダメージを受けると、肌を守るためメラニン色素が生成されます。そしてメラニン色素が蓄積され、ターンオーバー(肌代謝)によって肌表面に押し出されることで「シミ」となるのです。

しかし、本来ターンオーバーによって肌表面に押し出されたシミは、同じくターンオーバーによって肌の外へ排出されて薄くなるものです。ですが加齢や紫外線によって肌がダメージを受けていた場合、ターンオーバーも滞り、肌表面に色素沈着として茶褐色のシミが残ってしまいます。これが、老人性色素斑のメカニズムです。

老人性色素斑(日光黒子)の特徴

シミの代表格でもある老人性色素斑ではありますが、肌表面にあるシミすべてを老人性色素斑と断定することはできません。
とはいえ、自分のシミが老人性色素斑なのかは気になりますよね。「老人性色素斑」の代表的な特徴を紹介しますので、参考にしてみてください。

  • 茶褐色~茶色のシミ
  • 輪郭が比較的はっきりしている
  • 顔・腕・手の甲・デコルテなど、紫外線をよく浴びる部位にシミができている

また日本人の場合、老人性色素斑は主に40代以降に現れるシミだと言われています。ただし思春期にスポーツやレジャー等で、紫外線を浴びる機会が多かった方は、20代頃であっても老人性色素斑が現れることもあります。

老人性色素斑が出来てしまったら~セルフケアの効果は?~

老人性色素斑が出来てしまったら~セルフケアの効果は?~

近年では、シミに効果をもたらす化粧品やサプリメントも多く販売されています。

しかしながら老人性色素斑は、個人では改善が難しい症状だとされています。なぜなら、紫外線によるダメージで生成されたメラニンが、何年何十年分も蓄積したものが老人性色素斑の根本にあるからです。それだけ頑固に蓄積したメラニンを肌から排出させるためにはかなりの時間が必要とされるため、セルフケアをしても根本的解決にはつながらないことがほとんどです。

ただし「予防」という観点では、セルフケアはとても重要です。
新たなシミを作らない対策としてはもちろん、シミの悪化をふせぐためにも、可能な範囲でセルフケアをされることをお勧めいたします。

また当然のことながら、老人性色素斑を予防するためには、シミの根源でもある紫外線対策も欠かせません。紫外線というと夏を連想する方も多いかと思いますが、たとえ冬であっても日差しが強い日は、油断ができないのです。季節を問わず、日焼け止めクリームなどで紫外線から肌を守ることがとても大切です。

老人性色素斑の治療方法

一度出来てしまうとセルフケアでの改善が難しい老人性色素斑には、レーザー治療等、医療機関での治療をおすすめいたします。

また効果の高いシミ治療を実現するためには、医療機関の中でもシミや肌の知識と実績を豊富に持つ医師に診察してもらうことが大切です。症状や肌質、ご自身の希望に合った治療方法ができるクリニックに受診しましょう。
さて、治療を受けるためには、ご自身がどのような治療を受けるのか、その内容を把握しておくことも大切です。老人性色素斑の効果的な治療に繋がるポイントは、局所的に現れたメラニンをしっかり取り除くこと。
安心して治療に望んでいただくためにも、このポイントを大切にした老人性色素斑に効果的な3種類の治療方法をご紹介したいと思います。

Qスイッチヤグレーザー

レーザー照射による治療です。
2種類の波長を持つQスイッチヤグレーザー、シミのある皮膚の深さに合わせてアプローチすることができます。
尚、より高い効果の実現を目指す東銀座ウェルズクリニックでは、最新式のシミ治療用レーザー「メドライトC6」を導入しております。

またあらゆるシミ治療に効果を示す治療法ではありますが、特に老人性色素斑の場合、1回の治療でシミをほとんど消すことができます。なぜなら、老人性色素斑は、問題となるメラニン細胞と表皮細胞を破壊することで、健康な肌状態へと改善することができるからです。この点Qスイッチヤグレーザーは、強いパワーのレーザーを短時間照射するだけで、メラニン細胞と表皮細胞を破壊するがでいます。
そのため、安全で効果的に治療できる方法だと言えるでしょう。

美肌点滴

美肌づくりに必要な有効成分を、点滴として直接体内に送りこむ治療です。
直接皮膚内部へ有効成分を届ける分、薬よりも有効成分の吸収力もよく、高い即効性を実感できるという特徴も持っています。

1回あたりの施術時間も30分程度と短時間で内側から美しくなることができます。
また点滴に配合される成分は、クリニックや個人それぞれに必要な栄養素によって異なります。シミ治療において配合されることが多い成分は、美肌成分でもあるビタミン群や、代謝促進に効果的なタチオンといったものです。

実際に、当院の老人性色素班の治療で用いられる美肌点滴には、下記の成分が含まれています。

タチオン:ターンオーバーが促進されて、老人性色素班に含まれるメラニンを肌の外へ排出

ビタミンB群(B2/B6):肌の健康を保つ作用で、健やかな肌の維持をサポート

ビタミンC:メラニンの生成を抑制し、シミの出来にくい肌へ

これらの有効成分を美肌点滴で効率よく摂取することで、シミ改善・予防共に効果が期待できます。

内服薬

クリニックで処方する内服薬には、老人性色素斑をはじめ、シミ改善に効果的な有効成分を含んでいます。

【主な含有成分】

◆ビタミンC
作用:メラニンを抑制
シミ治療への効果だけでなく、美白効果やコラーゲン生成の効果も期待できます。

◆トラネキサム酸
作用:止血効果・抗炎症・抗アレルギー効果 など
メラノサイトの働きを抑制するトラネキサム酸は、シミが出来にくい肌へと整える効果が期待出来ます。

また内服薬での治療というと、多くの方が「市販薬との違い」について、一度は疑問に感じるのではないでしょうか。
そもそも医師の下で安全に処方される処方薬に比べ、個人で使用することが目的とされる市販薬は、有効成分の含有量もと少なくなっています。そのため、シミ治療への効果にも差が生じるというわけなのです。

また副作用の可能性から考えても、医師の診断により個人それぞれに合った内服薬を処方してもらった方が、安全でより効果的だと言えるでしょう。

ただし体の中から改善を促す内服薬は、いずれも即効性を求めるものではありません。具体的な服用期間は医師の診断の上で決まりますが、目安は2~3ヶ月程度とされています。

シミ治療おすすめ料金プラン

最新Qスイッチヤグレーザー「メドライトC6」の高い効果 美容点滴ビタミンB2・6+ビタミンC+タチオン

東銀座ウェルズクリニックの老人性色素斑治療へのこだわり

東銀座ウェルズクリニックの老人性色素斑治療へのこだわり

シミの中でもポピュラーな老人性色素斑だけに関わらず、シミ治療においては、あらゆる種類のシミの可能性を考えて、適切な治療を行う必要があります。

だからこそ東銀座ウェルズクリニックでは、医師による的確な診断と万全なアフターケアで、お一人おひとりのシミとしっかり向き合う治療に取り組んでおります。
レーザーや内服薬・美肌点滴などによる治療で、シミの改善だけではなく、「シミのできにくい肌」を目指しましょう。

また当院は、女性医師のみが在籍しております。シミは多くの女性を悩ます身近な肌トラブルですので、女性ならではの観点で相談しやすい環境を整えておりますので、ご安心ください。
尚、無料メール相談も随時受け付けしております。ぜひお気軽にご相談くださいませ。

シミ治療の関連記事

お気軽にお問い合わせください

所在地

東京都中央区銀座3丁目13-11
銀座芦澤ビル2階

アクセス

・都営浅草線「東銀座駅」A7出口より徒歩1分
・東京メトロ日比谷線「東銀座駅」3番出口より徒歩1分
・日比谷線・丸ノ内線・銀座線「銀座駅」A8出口より徒歩5分