レーザートーニングで肝斑を徹底治療

  • 目の下のあたりに、うっすらと左右対称にシミがある
  • 肌のくすみ、色ムラが気になる
  • 黒ずみや毛穴が目立ってきた

これらのお悩みは、全てレーザートーニングで解決!
肝斑治療で有名なレーザートーニングですが、なんと毛穴の引き締め・肌のくすみ改善効果も期待できます。

レーザートーニングとは

レーザートーニングは、低い出力のレーザーを肌に照射することで、肝斑の治療を可能とした総合美肌治療です。
当院では「メドライトC6」というレーザートーニング機器を使用しています。
広い照射口で、安全に肝斑を治療することができます。

従来の高出力でのレーザー治療の場合、刺激により却って肝斑を悪化させる可能性があり、肝斑治療そのものが難しいとされていました。
しかし、レーザートーニングでは、低出力のレーザーを肌に照射し、少しずつメラニンを破壊していくことで、これまで困難とされてきた肝斑にも効果を発揮します。

さらに、レーザートーニングの効果が期待できるのは、肝斑だけではありません。
毛穴の開きやくすみの改善などの、総合的な美肌効果も実感できる、注目の治療方法です。

肝斑の治療は難しい?
女性ホルモンとの関係

肝斑の治療は難しい?女性ホルモンとの関係

シミの一種である肝斑は、30代~40代の女性に多く見られる症状です。
シミや肝斑の茶色はメラニン色素によるものですが、肝斑の症状はシミのようにはっきりとした茶褐色ではなく、ぼんやりとした薄茶色の症状が左右対称に広がっていることが多いです。

発症に男女差が少ない一般的なシミ(老人性色素斑など)と比べ、肝斑に関しては男女差がとても大きく、女性の発生率の方が高いという特徴があります。
また、妊娠中の女性・経口避妊薬を服用している女性にも表れやすいです。
このような点から、肝斑の原因には女性ホルモンが関係している可能性が高いと考えられています。ただし、はっきりとした原因は未だ判明していません。

一般的には、女性ホルモンが減少する頃(50代~60代)には肝斑が薄くなったり、消えたりすると言われています。もちろん、個人差がありますので、60代になっても症状が改善しない場合もあります。
肝斑ができる要因の一つとして女性ホルモンが関係している可能性が高いのです。
肝斑は皮膚に刺激が加わることによって悪化し、色が濃くなるとされていたため、肌に強い刺激を与えるレーザー治療は不向きとされてきました。
治療法といえば内服薬くらいしかありませんでした。

レーザートーニングが肝斑に効果的な理由

レーザートーニングが肝斑に効果的な理由

従来のレーザー治療では、肝斑に、強い照射パワーを一点に集中して与えることで炎症を起こす危険性がありました。
肝斑の場合、レーザーを当てることでメラノサイトを活性化させてしまい、却って肝斑を濃くする可能性があるからです。

一方レーザートーニングは、低出力で均一にレーザーのエネルギーを肌に伝えることで、肌へのダメージを最小限に、少しずつメラニン色素を破壊していくことが可能です!

肝斑だけじゃない!
レーザートーニングの効果

優れたレーザートーニングの効果は、肝斑に限るものではありません。
肝斑と同じく、点状の薄い茶褐色症状が特徴的なそばかすにも効果をもたらします。また、その他毛穴を引き締める効果など、総合的な美容効果が期待出来ます。

その期待の効果事例をいくつかご紹介しましょう。

レーザートーニングの効果①
そばかす

レーザートーニングの効果① そばかす

頬や目元周辺に、茶色い点のように散らばる「そばかす」は、ターンオーバー(肌の代謝)の乱れにより、メラニンが肌の外へと排出されないことが原因の一つと考えられています。
一方で茶色い点が多く散らばった症状であるそばかすは、メラニンの黒い色素の量も多い反面、色素自体が薄い症状です。
そのため広範囲のメラニン色素にゆっくり作用していくレーザートーニングは、そばかす治療にも大変効果的だとされています。

レーザートーニングの効果②
黒ずみ・色素沈着

レーザートーニングの効果② 黒ずみ・色素沈着

脇の下など体の黒ずみ・色素沈着も、メラニン色素の蓄積によるものです。
肝斑と同じく、黒ずみや色素沈着も均一な低出力のレーザーエネルギーが改善効果をもたらすとされています。

また、ニキビや湿疹、虫刺され、傷、火傷などの炎症の痕がシミのようになってしまった経験はありませんか?
炎症が起きると、肌は新たな細胞を作りダメージを回復させようとします。その時、メラノサイトが刺激を受けて、メラニンを過剰生成させることがあります。
そして、過剰生成されたメラニンが肌内部に蓄積され、シミになってしまったものが、いわゆる「炎症後色素沈着」です。

細胞の生成スピードが正常になり、ターンオーバーが正しく働くことで自然治癒する可能性はありますが、皮膚の深くまでメラニンが生成されてしまっている場合は難しいでしょう。
炎症後色素沈着にも、肌への負担が少ないレーザートーニングならば、治療することができます。

レーザートーニングの効果③
美肌効果

レーザートーニングの効果③ 美肌効果

まず挙げられるのが、美白効果です。 医療用レーザーはメラニン色素に反応することで、メラニン生成の働きが弱まり、美白効果が期待できるものです。 なかでもレーザートーニングは肌へ均一にレーザーのエネルギーがいきわたるため、顔全体のメラニン色素にアプローチする効果があります。 そのため肌のムラやくすみも改善し、全体的にワントーン明るい美白肌へと導いてくれるという点も、嬉しいポイントです。

次に、毛穴の引き締まり効果が期待できます。 シミ取りレーザーやレーザートーニングなど、医療レーザーの熱エネルギーが毛穴に加わると、肌内部のコラーゲンを生成する細胞を活発化させる効果があります。すると、新たなコラーゲンが生成され、毛穴を引き締める効果がもたらされます。 そのため、肝斑やそばかすなどの治療と共に、毛穴も引き締まって透明感のある肌へ導かれ、総合的な美容効果が実感できることでしょう。

レーザートーニング料金表はこちら

レーザートーニングの効果を
実感するまで

高い効果が期待できるレーザートーニングではありますが、一度の施術で目に見えるほどの効果をもたらすのは難しいと言えます。
1度の照射で肝斑やそばかす、肌の黒ずみに含まれたメラニン色素を少しずつ破壊していくため、継続して治療を行うことで効果が実感できるようになります。
個人差はありますが、5~10回程度の継続治療で、高い効果が実感できるようになることでしょう。

レーザートーニングの効果は、いつまで?
~効果の持続期間~

レーザートーニングの効果は、いつまで?~効果の持続期間~

効果的なレーザートーニング継続治療で、肝斑などの症状が改善された場合でも、治療後、日数が経過し、肝斑が再び発症する可能性もあります。
レーザートーニングの持続期間には個人差がありますが、6ヶ月程度で効果の衰えを感じる方もいらっしゃいます。
効果を持続させるために、美白作用のある内服薬を飲み続けたり、肌のダメージを補うスキンケアをしたりと、美容ケアを継続することで肝斑を予防することもできます。

しかし、何よりも効果的な予防策は、定期的にレーザートーニングの照射を、メンテナンスとして継続することです。
詳しくは、医師に相談の上、必要なメンテナンスと予防策をご確認ください。

レーザートーニングの副作用

レーザートーニングは、弱い照射パワーで行う施術のため、周辺組織への余計な刺激やダメージを与えることが少ないレーザー治療法です。しかしながら、副作用が起こる可能性が0なわけではありません。
肌質によっては、下記のような副作用が発生する可能性もあります。

ニキビ・吹き出物・湿疹

ニキビ・吹き出物・湿疹

レーザーを照射すると、エネルギーが刺激となり、肌が乾燥します。
すると、肌の水分量が減少するのを防ぐため、肌内部では皮脂を多く分泌する働きが生じます。これによって、これまでニキビができたことがない方でも、レーザートーニングの副作用としてニキビや吹き出物、湿疹などの症状が現れることが考えられます。

特にニキビになりやすい肌質の方が発症しやすいと言えますが、症状は長く続くものではないので安心してください。
ニキビが改善すると、毛穴も引き締まりますので、肌のツヤやハリを実感することがきます。

乾燥によるニキビや吹き出物・湿疹の対策として、十分な保湿対策を行っていただくことが重要です。オプションのイオン導入などで効果的に美容液を導入すると、乾燥による副作用が起こりにくくなりますので、事前の予防策をご希望の方は、医師までお気軽にお尋ねください。

赤み・かゆみ

赤み・かゆみ

レーザーを照射した部分の皮膚が赤みをおびたり、チクチクとしたかゆみを感じることもあります。ただし照射部分が赤くなったり痒くなったりしても、ほとんどのケースにおいて、治療後数時間で症状が治まります。
しかしながら、強い痛みがある、もしくは数日たっても赤みが引かないような場合には、医師に相談してください。

レーザートーニングの料金表

肝斑徹底対策コース

種類 定価
肝斑徹底対策コース
レーザートーニング
+ケアシス+トラネキサム酸 5回
¥172,820
肝斑用レーザー(レーザートーニング)
1回 ¥32,400
3回 ¥87,940
5回 ¥123,430
10回 ¥203,660

※ 大きさ、個数により料金は変わりますので、お問い合わせください。

レーザートーニング、肝斑治療が気になった方へ

赤み・かゆみ

これまで治療が難しいとされてきた肝斑への効果が期待できるレーザートーニングではありますが、ご自身の肌にできたシミを肝斑だと気付かない方もいらっしゃいます。

そのため、治療をしてもなかなか改善しないシミや輪郭のはっきりしない薄茶色のシミが気になったら、肝斑を疑ってみても良いかもしれません。
とはいえ、ご自身のケアのみでの肝斑改善は難しいと言えます。

肝斑かどうかを判断し、正しい知識と技術で改善を目指すためにも、ぜひお気軽に東銀座ウェルズクリニックまでご相談くださいませ。

シミ治療の関連記事

お気軽にお問い合わせください

所在地

東京都中央区銀座3丁目13-11
銀座芦澤ビル2階

アクセス

・都営浅草線「東銀座駅」A7出口より徒歩1分
・東京メトロ日比谷線「東銀座駅」3番出口より徒歩1分
・日比谷線・丸ノ内線・銀座線「銀座駅」A8出口より徒歩5分