Qスイッチヤグ(YAG)レーザーのシミ治療

美肌の天敵である「シミ」は、肌トラブルの代表的な症状の一つです。
シミとひとことで言いますが症状は多岐にわたり、老人性色素斑・肝斑・そばかす・炎症後色素沈着など、濃さも深さも出来てしまう原因もそれぞれです。最も一般的なシミである「老人性色素斑」などには効果的だとされるレーザー治療であっても、うすい褐色のシミが広範囲に現れる肝斑にはシミが薄くなるどころか、余計に症状を悪化させてしまうこともあり、従来のレーザーによるシミ治療は複合的な症状それぞれに効果を出すことは、とても難しいとされてきました。
しかし最近では、あらゆるシミ症状に効果をもたらすことの出来る医療レーザーが開発され、大変注目を浴びています。その医療レーザー機器とは「Qスイッチヤグ(YAG)レーザー」です。

あらゆるシミ症状にアプローチしそれぞれのシミ症状に効果的な、素晴らしい性能を持つQスイッチヤグレーザーについて、詳しくご説明しましょう。

Qスイッチヤグ(YAG)レーザーとは

Qスイッチヤグ(YAG)レーザー

Qスイッチヤグレーザーとは、シミをはじめ、毛穴の開きや肌のくすみ、イボやあざなど様々な肌トラブル改善に効果を示す医療用レーザーの一種です。
Qスイッチヤグレーザーを照射すると、特定の色素に反応し、熱エネルギーへと変換されます。そして、その熱エネルギーで肌内部の色素のみを破壊し、肌トラブルを解決へと導きます。

またQスイッチヤグレーザーは1064nm と532nmという、長さの異なる2つの波長を持っているため、皮膚の深層にあるあざから、皮膚表面にあるシミまで、複合的な症状に効果をもたらすことができます。

Qスイッチヤグ(YAG)レーザー「メドライトC6」とは

東銀座ウェルズクリニックでは、「メドライトC6」という機種のQスイッチヤグレーザーを導入しております。

このメドライトC6は、トップハット・ビームという均一にエネルギーを伝えるレーザーを採用しているため、肌ダメージを軽減しながら高い治療効果をもたらすことができます。さらにシミの種類のなかでも、治療が難しいとされる肝斑への治療も、メドライトC6による「レーザートーニング」という治療方法で、徐々にメラニン色素を破壊し、肌ダメージや副作用もほとんどなく肝斑を改善することが可能となりました。(※肌ダメージや副作用については、個人差があります。)

Qスイッチヤグレーザーは、効果実感まで何回の施術が必要?

シミには種類があると同時に、その大きさや色素沈着の深さなど、症状も様々です。そのため、Qスイッチヤグレーザーによる治療で効果を実感できるのは、何回ということは断言できません。

しかしメラニン色素の比較的薄い、老人性色素斑・そばかすなど、一般的に多いシミ症状であれば、1回の施術で効果がでることもあります。一方、後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)のように、色素沈着が皮膚深く真皮層にも及ぶ症状の場合には、数回にわけて治療を進める必要があります。

Qスイッチヤグレーザーのシミ治療における注意点

Qスイッチヤグレーザー「メドライトC6」に搭載される、532nm波長のレーザー光は、表皮層にあるメラニン色素に吸収されやすいという特徴を持っています。そのため、メラニン色素が発生源となるシミ治療において、優れた治療効果が期待できます。

シミの深さや種類を問わず治療することが可能ですが、施術後のアフターケアを怠ると、稀にシミが濃くなる場合があります。
施術前のカウンセリング時に、注意事項やアフターケアの方法をご納得いただけるまでご説明させていただきますのでご安心ください。

※下記の『Qスイッチヤグレーザー照射後のアフターケア』もご参照ください。

シミ治療以外にも効果があるQスイッチヤグ(YAG)レーザー

皮膚に含まれる特定の色素に反応するQスイッチヤグレーザーは、シミだけでなく、幅広い肌トラブル症状の治療に用いられており、高い安全性も保障されています。

なかでも多く活用されている症例を、いくつかご紹介いたします。

くすみや毛穴の開きの改善による美肌効果

くすみや毛穴の開きの改善による美肌効果

Qスイッチヤグレーザーは何度か照射を繰り返すことで、開いた毛穴を引き締め、肌のくすみを改善させるといった美肌効果をもたらします。またQスイッチヤグレーザーの熱エネルギーは、産毛を除毛する作用もあるため、産毛によってくすんでいた肌をワントーンアップさせる効果も実感できます。

あざ・ほくろの除去

あざ・ほくろの除去

一般的に多く見られる黒や青のアザは、肌の深い位置でメラニン色素が一部分に増加してできます。一方ほくろも、表皮層の奥深くにある表皮基底層などにメラニン色素が増加することによってできるものです。

そのため、シミとはアプローチする皮膚の深さが異なるものの、Qスイッチヤグレーザーのメラニン色素を破壊する効果は、あざや、凹凸のないほくろの除去にも活用されています。

タトゥー・刺青・アートメイクの除去

タトゥー・刺青・アートメイクの除去

タトゥーや刺青、アートメイクを除去するとなると、皮膚へのダメージや跡も大きく残ると考える方も多いのではないでしょうか?

しかしQスイッチヤグレーザーの場合、タトゥーや刺青の色素にのみレーザーが反応するため、周辺の組織にダメージを少なく、数回の施術でタトゥー・刺青・アートメイクの色素を薄くすることが可能です。

Qスイッチヤグ(YAG)レーザーの料金表

シミ取りレーザー(Qスイッチヤグ)

種類 定価
シミ取りレーザー(Qスイッチヤグ)
5mm×5mmの大きさ ¥6,480
肝斑用レーザー(レーザートーニング)
1回 ¥32,400
3回 ¥87,940
5回 ¥123,430
10回 ¥203,660
両腕レーザートーニング
1回 ¥28,080
5回 ¥112,320
肝斑徹底対策コース
レーザートーニング+
ケアシス+トラネキサム酸 5回
¥172,820

※ 大きさ、個数により料金は変わりますので、お問い合わせください。

Qスイッチヤグレーザーによるシミ治療の流れ

1ご来院・診察

患者様の悩みを医師が直接カウンセリング。肌の状態に合った最適な治療プランをご提示いたします。

ご来院・診察

2洗顔・メイク落とし

レーザーの効果を高めるために、施術前に洗顔・メイク落としをしていただきます。

洗顔・メイク落とし

3施術

患部にレーザーを照射していきます。

施術

4施術後

日焼け止めなどの紫外線対策をしてお帰りいただきます。ほとんどの場合、当日からお化粧も可能です。
※日焼け止め・お化粧品は普段ご利用のものをご持参ください。

施術後

Qスイッチヤグレーザーの術後

Qスイッチヤグレーザーによる治療は、施術直後すぐに効果を実感できるものではありません。施術後、約90日前後の間に段階を経て、色素が薄くなっていきます。

Qスイッチヤグレーザー照射後のダウンタイム

Qスイッチヤグレーザー照射後のダウンタイム

Qスイッチヤグレーザーを照射した後、肌は多少赤みを帯びた状態になります。
施術をしてから2日~3日が経過した頃には、肌の赤みがかさぶたとなり、約1週間~2週間程でかさぶたもはがれていきます。

シミなどの色素沈着が薄くなっていくには、シミの種類にもよりますが施術から約90日程度が経過した頃です。90日経過しても色素沈着が残っている場合は、再度Qスイッチヤグレーザーの照射をおすすめしております。

Qスイッチヤグレーザー照射後のアフターケア

Qスイッチヤグレーザー照射後のアフターケア

Qスイッチヤグレーザーは医療用に開発されたレーザー機種のため、優秀な効果はもちろん、高い安全性も保証されています。とはいえ、熱エネルギーが肌に加わることで、肌への刺激となり、Qスイッチヤグレーザー照射後は肌がデリケートな状態となります。

そのため、Qスイッチヤグレーザーの術後は、アフターケアがとても大事になります。

  • 入浴は、施術の翌日から。患部に水が当たらないように保護をしてから、入浴してください。また洗顔時には患部を強くこすらないようにしましょう。
  • レーザー治療後の肌は、レーザーによる刺激で炎症性色素沈着が起こる可能性もあるため、紫外線の刺激でメラノサイトを刺激しないよう、日焼けには十分気をつけましょう。

また万が一炎症性色素沈着が起こった場合には、医師による診断の下、薬の処方など適切な処置を行います。施術後しばらくして、シミが濃くなるなど気になる症状が現れた際には、お気軽に医師までご相談ください。

Qスイッチヤグ(YAG)レーザーについてよくあるご質問

美容業界でも高い評価を得ているQスイッチヤグレーザーは、その注目度の高さから多くのお問い合わせをいただいております。
今回はその中でも、特にお問い合わせの多いご質問をご紹介します。

Qスイッチヤグレーザーによるシミ治療は、保険適用できますか?

シミ治療における保険適用は行っておりません。

東銀座ウェルズクリニックでは医師とのカウンセリングにて、患者さまのご負担を軽減できるような治療プランをご提案いたします。

妊娠中や授乳中でも、Qスイッチヤグレーザーの照射はできますか?

Qスイッチヤグレーザーに限らず、胎児や母体への影響を考え、妊娠中や授乳中の「レーザー治療」は推奨しておりません。

シミが気になる方へは、ビタミン剤など安心して服用していただけるお薬の処方をご提案しております。

Qスイッチヤグレーザーの照射は、痛みを伴いますか?

輪ゴムでパチンっとはじかれたような軽い痛みが伴うことがあります。

ただし、我慢のできないような強い痛みが伴うことはないので、ご安心ください。

QスイッチヤグレーザーとQスイッチルビーレーザーの違いを教えてください。

Qスイッチヤグレーザーと同様に、シミ治療に使われる医療レーザーとして「Qスイッチルビーレーザー」の名があがることがよくあります。
QスイッチヤグレーザーとQスイッチルビーレーザーの具体的な違いは「波長の種類と出力」です。

【波長】
Qスイッチヤグ(YAG)レーザー:1064nm と532nmという2つの波長
Qスイッチルビーレーザー:694nmの単一の波長のみ

症状や部位によって、それぞれ適正はありますが、Qスイッチヤグレーザーは色素の深さが異なる色素の除去が可能ですが、Qスイッチルビーレーザーは黒いメラニン色素のみに反応するとされています。つまり、Qスイッチヤグレーザーは色の濃いシミだけではなく皮膚表面にある薄いシミや肝斑も、深層にあるシミもどちらも治療することができます。
また照射した熱エネルギーが肌にムラなく、均一に伝わるので、照射の仕方によって効果がムラになることがないのもQスイッチヤグレーザーの特徴です。

シミのレーザー治療なら東銀座ウェルズクリニックへ

シミのレーザー治療なら東銀座ウェルズクリニックへ

東銀座ウェルズクリニックでは、患者様のお悩みと向き合い経験豊富な実績から最適な治療方針をご提案しております。
信頼してお任せいただけるよう、治療方針に患者様が納得するまで施術は行いません。

お肌のトラブルやお悩みに見舞われた際に、いつでも相談いただけるクリニックを目指しております。
シミ・くすみだけではなくお肌の症状でお困りなことがございましたら、お気軽に東銀座ウェルズクリニックにご相談ください。

シミ治療の関連記事

お気軽にお問い合わせください

所在地

東京都中央区銀座3丁目13-11
銀座芦澤ビル2階

アクセス

・都営浅草線「東銀座駅」A7出口より徒歩1分
・東京メトロ日比谷線「東銀座駅」3番出口より徒歩1分
・日比谷線・丸ノ内線・銀座線「銀座駅」A8出口より徒歩5分