たるみを理解する~原因・対策・治療~

「最近ほうれい線が目立ってきたな…」

「まぶたがたるんできたかも…?」

加齢に伴い「たるみ」に関するお悩みは増える一方ですが、近年若い方でもフェイスラインや目元のたるみを気にする方が増えてきました。

たるみの原因の多くは肌の内側に問題がありますので、実は普段のスキンケアやマッサージだけでは簡単に改善することは難しいのです。たるみをしっかりと知り、改善を行って行きましょう。

たるみの原因

たるみの原因は身体の「内側」と「外側」に分けることができ、主に「内側」に原因があります。

内側の問題として有名なのは、老化です。老化が進むことで女性ホルモンが減少し骨が痩せてしまい、お顔の皮膚が余ってしまい皮膚のたるみにつながります。また、老化によって肌が弾力を失うと筋肉が重力に耐えられず、これもたるみにつながっていきます。

外側にある原因としては、紫外線や喫煙などがあります。紫外線はコラーゲンとエラスチンを損傷させ弾力と水分を失わせてしまいます。紫外線を浴びなければ一生しわ、しみ、たるみができないと主張をする医師もいるほど紫外線はお肌の天敵です。

また、喫煙についてはタバコを吸う事で体が異物(本来はウイルスなど)を排除するために活性酸素を大量に放出します。活性酸素はウイルスなどの排除を行いますが、過剰に生成された分が細胞を酸化させてしまいたるみの原因になってしまいます。

結果的に、「スモーカーズフェイス」と呼ばれるような深いしわのある顔つきになる可能性があります。

たるみの改善

たるみを改善してピンとハリのある肌を取り戻すには、肌のターンオーバーを正常に戻す事が重要になります。

ターンオーバーを正常に戻すには、睡眠をしっかり取り栄養バランスの整った食事を行う事とタバコやアルコールの摂取を抑える事が重要です。内側からの改善を行う事で、たるみ以外のお肌のトラブル改善にもつながります。

たるみの治療

フェイスリフト

顔の余分な皮膚を切り取ってたるみを引き上げる事でたるみの改善を行う治療方法です。皮膚を引き上げるため、たるみの治療の中では最も効果の大きな治療ですが医師の力量が低いと不自然な仕上がりになってしまう場合がありますが、大きな改善を求める場合は一番有効な治療です。

糸の引き上げによるリフトアップ

体内に入れた糸で内側から持ち上げてたるみの改善を行う治療です。手術は糸を入れる形で行うため、大きく切開を行わないため切るリフトアップ治療よりもリフト効果が弱くなりますが、ダウンタイムが大きく短縮されるメリットのある治療です。

刺激で改善するリフトアップ

お肌の皮膚組織を刺激する事でたるみの改善を行う治療です。主に金の糸や韓国式美容針が有名でダウンタイムがほとんど無くリフトアップできる効果があります。この治療も切開を行わないためリフトアップの効果は弱くなりますが、お肌を活性化させて肌を引き締めるためお肌にハリが生まれる特徴があります。

照射によるリフトアップ

皮膚にレーザーや光を照射しお肌を活性したるみの改善を行う治療です。刺激によってたるみを改善する治療と同じタイプで、肌にハリを出す事でたるみを改善するため効果が他の治療よりも弱い傾向がありますが医療機器の種類によってしみやニキビなども同時に改善を行う事が可能です。

注入系リフトアップ

ヒアルロン酸やボトックスなどを患部に注入する事でたるみの改善を行う治療です。注射を行うだけの治療のため、基本的にダウンタイムが無い事が特徴で効果が約半年と限定的なものの切る治療よりも気軽に行う事ができる治療方法です。

ヒアルロン酸注入について詳しく ボトックス注入について詳しく

お気軽にお問い合わせください