サーマクール
CPTで
切らない
リフトアップ

  • ほうれい線が目立ってきた
  • 目もとがたるんで目が小さくなったように感じる
  • 小じわ(ちりめんじわ)が保湿していても治らない
  • 輪郭(フェイスライン)が丸くなってきた

このようなお悩みの方へ。
サーマクールCPTは、お肌の深部を熱し、肌自身がもっているコラーゲンの生成を促します。
切らずに内側から美しく若返る為には大変おすすめの施術です。当院院長はサーマクール認定医。いつでも安全で効果の高いサーマクールCPTを受けることができます。

加齢によるコラーゲンの減少に!
サーマクールCPT

サーマクールCPT

サーマクールは、高周波RF(ラジオ波)を照射できる医療機器です。
高周波RFを照射することで肌の深部が温まり、コラーゲンの産生を促すことで肌のたるみを解消する効果をもたらします。メスや糸でのリフトアップに代わったたるみ改善の治療方法として、従来から高い評価を得ている治療方法です。

コラーゲンというと、フカヒレなど食材に入っているイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?
しかし、平均的な日本人女性の体内にあるコラーゲンは約3kgとも言われており、フカヒレであれば約100皿分。しかも、食べただけで体内のコラーゲンに全て直結するかどうかもわかりません。食生活だけで、体内のコラーゲン量を保つことは難しいとされています。

真皮層のコラーゲン

皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」と三層に分かれていますが、コラーゲンはその中で真皮にあり、ヒアルロン酸などと共に表皮の「ハリ」にとても重要な役割を果たしています。
コラーゲンは日々体内で生成されますが、コラーゲン量は30歳頃から加齢と共に著しく減少していきます。コラーゲン合成量の低下、コラーゲンの分解の加速、コラーゲンの糖化などが原因としてあげられます。
コラーゲンを体内で生成する「線維芽細胞」の働きは年齢を重ねるごとに低下していきます。コラーゲンを生み出す力がだんだん弱くなり、肌のハリが保ちにくい状態になってしまうのです。

では、真皮のコラーゲン量を増やすことはできないのでしょうか?
いいえ。サーマクールCPTを照射することで、皮膚のコラーゲンをハリのある状態へと戻すことができます。

サーマクールCPTの
高いリフトアップ効果

サーマクールCPTの原理

サーマクールで肌にRF波(高周波ラジオ波)が照射されると、肌の真皮に熱エネルギーが伝わります。するとその熱エネルギーの作用でコラーゲンが収縮し、さらに新たなコラーゲンが生成されます。
肌の内側から「シワ」や「たるみ」に効果をもたらすのです。

またサーマクールから照射されるRF波(高周波ラジオ波)は、皮膚の深部~脂肪層に達するまでの強いエネルギーを持っているため、単に今あるたるみを改善するだけでなく、新たなたるみができないよう予防する効果も期待できます。
そのためサーマクールは、たるみ治療(リフトアップ)、ほうれい線、シワといった症状の治療に多く活用されています。

サーマクールの効果の持続期間

サーマクールを一度施術すると、約6ヶ月程度効果が持続するとされています。ですが、一度改善したシワやたるみ部分の皮膚が約6ヶ月で元に戻ってしまうという意味ではありません。コラーゲンの新生を促進させる効果が、約6ヶ月間持続するという意味です。
つまり、サーマクールの効果が落ち着いた後も、肌内部には十分にコラーゲンがある状態です。ただし、老化や紫外線など、コラーゲンは日々減少していってしまいます。
そのためシワやたるみの改善、予防を継続したい場合には、半年~1年に一度のペースでサーマクールを照射するのが最適と言えるでしょう。

チップとショット数の違いについて

サーマクールCPTは、先端にシリコンなどの小さな機器「チップ」をつけて施術します。 チップから高周波エネルギーを発して、効果をもたらすメカニズムです。

またチップは肌に直接触れるものなので、肌トラブルにつながらないよう、使い捨てで使用します。またサーマクールCPTのチップには、その方が何回照射を受けたのか、「ショット数」が表記されるようになっています。
チップごとに照射できるショット数が異なり、多くの医療機関では一般的には「400」「600」「900」のショット数を照射できる3種類のチップが用意されています。

さて、このようにご説明すると多くの方が「何ショット打った方が良いの?」と疑問に思うかもしれません。確かにショット数、さらにはチップの種類によって効果や持続性に差はありますが、お一人おひとりの肌質や症状によっても適したショット数は異なるため、「医師の診察の元で決定していく」ことが最適だと言えます。

サーマクールCPTの効果はいつから感じられる?

施術直後から引き締め効果を実感できますが、その後数か月かけてシワやたるみの改善が実感できます。

高い効果が注目されるサーマクールですが、即効性は少ないと言えます。
なぜならコラーゲンは、約1ヶ月~2ヶ月の時間をかけて、少しずつ新たなコラーゲンを形成していくからです。
ただし最初のステップ、サーマクールによってコラーゲンを収縮させて肌を引き締める効果は、施術直後に実感できることでしょう。そのようにたるみが引き締まると、顔が小さくなった、スッキリしたという印象を感じる方が多くいらっしゃいます。

つまり施術直後にまずは引き締め効果から実感し、シワやたるみは毎日少しずつ改善していくというのが、サーマクールの効果の表れ方です。

サーマクール・アイとは

サーマクール・アイの施術写真

老けた印象を与えてしまう、目元のたるみ。サーマクール・アイでは、目元専用に開発されたチップで高周波RFを照射することで、目元の皮膚を引き締め、引き上げる効果があります。
通常のサーマクールをはじめとしたフォトフェイシャル機器は、眼球に熱が到達する心配もあることから、目元の施術には使用されません。
サーマクール・アイでは、サーマクールCPTに目元専用のチップを使用して施術を行います。上まぶたへの施術を行えるのは、眼球への熱到達を考慮して、熱が浅く発生するよう設定されたサーマクール・アイのみとなります。

上まぶたのたるみには「眼瞼下垂手術」という手術がありますが、手術には抵抗がある方や、眼瞼下垂とまではいかないがたるみが気になる、という方におすすめです。

サーマクールCPTの
料金表

種類 定価
サーマクールCPT
フルフェイス ¥324,000
サーマクール・アイ
目の周り ¥194,400
サーマクールCPT・アイセット
フルフェイス+目の周り ¥518,400

●その他メニューにない治療もございますので、医師にご相談ください

サーマクールCPTの
施術の流れ

1カウンセリング・診察

患者様のお悩みや症状、ご希望をお伺いします。また、サーマクールの施術内容・料金についての説明を行います。

カウンセリング・診察

2施術準備

洗顔をしていただいた後、マーカーシールを貼り、お顔にマーキングをします。
サーマクール・アイは眼球へ高周波熱エネルギーが到達しないよう、プラスチックコンタクトをご装着していただきます。

施術準備

3施術

マーキングを目安に照射を行っていきます。ショット数によりますが、20~40分程度で照射が終了します。

施術

4アフターケア

術後すぐに洗顔やメイクができます。リピーター様には特別な割引もございます。詳しくは当院スタッフまでお尋ねください。

アフターケア

サーマクールCPTの
よくあるご質問

サーマクールCPTの施術後、どのようなアフターケアが必要ですか?

サーマクールの施術後は、基本的に特別なアフターケアは必要ありません。

ただし効果を持続させるために重要となるのが、「保湿」をはじめとするスキンケアです。通常時の肌をケアするのと同じように、肌が健やかな状態を保てるよう、肌機能が正常に働くよう、十分なスキンケアでお肌を守りましょう。

サーマクールは痛いと聞いたのですが…

軽く熱を感じることはありますが、痛みは少ないです。

従来のサーマクールの場合、施術中の痛みや熱さを不満に感じる声も少なくはありませんでした。しかし、「サーマクールCPT」はバイブレーション機能が追加されたことで、痛みや熱さを緩和されました。麻酔なしでも、ほとんど痛みを感じずに受けていただけます。

コンタクトをしていますが、サーマクール・アイは受けられますか?

はい、施術中はコンタクトレンズを外していただければ問題ありません。

コンタクトレンズをご使用の方はメガネやコンタクト保存液等をご持参お願いします。
なお、レーシックを受けて6ヶ月以内の方は受けることができません。あらかじめご了承ください。

サーマクールとポラリスの違いは、何ですか?

サーマクールは肌の深層から引き上げる為、ほうれい線を始めとした筋肉や脂肪のたるみに非常に有効です。対してポラリスは皮膚の浅い層に作用するため、小じわや毛穴の開きなどに効果があります。

サーマクールと同様に、コラーゲン生成の効果が期待できる施術として、「ポラリス」が比較対象に挙げられることがあります。しかし、サーマクールとポラリスはそれぞれに照射によって熱エネルギーを肌内部に届ける深さが異なるため、効果にも若干の違いがあります。
2~3mmと真皮層の深くまで作用するサーマクールCPTは、深く刻まれたシワやたるみに効果をもたらす一方で、皮膚の0.5~1.5mmと比較的浅い部分に作用するポラリスは肌表面の小ジワや毛穴の開きを改善する効果が期待出来ます。

トータル的な美容施術として、サーマクールCPTとポラリスを併用して、相乗効果を求める施術を行う場合もあります。

ヒアルロン酸注射やボトックス注射をしていてもサーマクールは受けられますか?

ヒアルロン酸注射やボトックス注射後、腫れなどが落ち着いてからの施術をおすすめします。

ヒアルロン酸注射やボトックス注射は、施術後に肌が多少腫れることがあります。肌の腫れは時間の経過とともに落ち着いていくと考えられますが、そこに高周波RFを照射すると腫れ部分の肌に刺激が加わり、肌ダメージにつながる可能性があります。そのため腫れがみられる場合には、症状が落ち着いてからサーマクールCPTを施術することになります。

またヒアルロン酸注射の腫れが落ち着いていた後は、サーマクールを施術することができますが、ヒアルロン酸の吸収に多少影響をおよぼす可能性もあるでしょう。
サーマクールと同時に施術をする場合には、サーマクールを照射した後にヒアルロン酸注射やボトックス注射を行っております。

東銀座ウェルズクリニックは
サーマクール認定施設です!

製造元であるSolta Medical(ソルタメディカル)社では、サーマクールについての研修を行っており、その研修を修了し、サーマクールの正しい知識と技術を習得した医師には「サーマクール認定医」の資格が与えられます。サーマクールは、この認定医資格がなければ、取り扱うことはできません。

そして当院、東銀座ウェルズクリニックは、サーマクール認定施設となっています。そのため効果をより発揮させるための知識、技術に誇りを持っていることはもちろん、CPTの最新機種を導入し、更なる効果的な治療に取り組んでおります。
ですので、実際の治療時はもちろん、サーマクールCPT、サーマクール・アイについて、ご不明な点がございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

お気軽にお問い合わせください

所在地

東京都中央区銀座3丁目13-11
銀座芦澤ビル2階

アクセス

・都営浅草線「東銀座駅」A7出口より徒歩1分
・東京メトロ日比谷線「東銀座駅」3番出口より徒歩1分
・日比谷線・丸ノ内線・銀座線「銀座駅」A8出口より徒歩5分